安さだけで決めてはいけない!カメラレンタルサービスの選び方|初心者が知らない業者選びのチェックポイント

「カメラレンタル」でネット検索をすると、結構たくさんのカメラレンタルサービスサイトが一覧されます。

それぞれのサービスには特色があり、サービスや取り扱っている商品の内容も少し違います。

使いたいカメラが安い料金でレンタルできれば、どこのサービスでも良いと言うわけではありません。

日数やセットで借りればもっと安いレンタル料金のサービスもあれば、保証や送料のシステムがしっかりしているサービスもあります。

ここで、便利に賢くカメラレンタルサービスを利用するためのチェックポイントをご紹介します。

カメラレンタルサービスの選び方!迷ったらここをチェック

カメラレンタルサービスを選ぶ上で、チェックしたいポイントを6つです。

チェックポイント
  1. レンタル料金
  2. 取り扱っている機種の多さ
  3. レンタルできる期間
  4. 送料の有無
  5. 破損時の補償サービス
  6. 付属品の有無

詳細をチェックしていきましょう!

1、レンタル料金

豚の貯金箱

カメラレンタルをする時はまず、レンタルしたい商品を選ぶ必要があります。その際、判断基準になるのがレンタル料金です。

カメラをレンタルしたいのであれば、どんな機種のカメラをどれぐらいのレンタル料金で借りられるのかを調べるのが一般的だと思います。

ということは、カメラレンタルサービスを選ぶときにも、まずはそこが判断基準になるわけです。

カメラレンタルサービスによって、レンタル料金に違いがあるので、まずはそこをチェックしましょう。

よく知られているカメラレンタルサービスのレンタル料金の相場は、次の通りです。

GoProをレンタルした場合…

レンタルする機種や日数によって料金が大きく変わってきます。

また、ほとんどのカメラレンタルサービスは、カメラだけではなく、交換用のレンズも取り扱っています。

また、ダブルレンズキットやレンズセットなど商品の組み合わせが様々です。

交換用のレンズについても、どんなレンズをどれぐらいのレンタル料金で利用できるのかをチェックした上で、サービスを選ぶとよいでしょう。

関連記事【GoProレンタル】料金が安いサービス店ランキング

2、取り扱っている機種の多さ

棚の中のカメラ

使ってみたい機種が決まっていない人は取り扱っている機種が多い店で選ぶのが良いでしょう。

特に交換レンズをお探しの方は、マイナーな特殊レンズやオールドレンズなどは在庫が非常に少ないです。

カメラやレンズの取り扱い数が多いのがレンタル館です。

高級一眼レフや交換レンズの取り扱いが豊富でプロにもよく使われているお店になります。

3、レンタルできる期間

レンタルできる期間

レンタル業者によってはレンタルできる期間に違いがあります。また日数の計算方法にも違いがあるので、必ずチェックして借りましょう。

特に以下の2点に違いがあります。

  • 最短レンタル期間
  • 返却時間

多くのレンタル業者は最短レンタル期間が3泊4日からに設定されていますが、中には1泊2日や当日のみなどもあります。

関連記事カメラを1日だけ借りたい!短期間だけレンタルしたら安くなるサービスはここだ!

返却時間は、最終日の夕方の5時までや、24時までなど様々。当然24時までの方が長く使えますので、返却時間も必ずチェックしておきましょう!

3、送料の有無のチェック

財布からお金をだす

カメラレンタルは、店舗に行って申し込みや商品の受け取りをするのではなく、宅配によって行われるサービスがほとんどです。

宅配サービスを利用する限り、送料が発生します。

しかし、ほとんどのカメラレンタルサービスでは送料が無料になっています。

ですが、中には一定の決まりの中で送料が発生するケースもあるので、チェックしておくべきです。

GoProをレンタルする場合…

DMMいろいろレンタル無料
(離島は別途料金発生)
Rentio無料
(離島は別途料金発生)
Rentry無料
レンタル館2泊3日以上、もしくはレンタル料金3,000円以上で無料
マップレンタル往復で1,300円~
レンタルステーションレンタル料金15,000円以上で無料

4、補償サービスをチェック

レンズが割れたカメラ

仮に、レンタルしていたカメラが何らかのトラブルで故障してしまった場合、落として破損した場合の補償サービスが受けられるのか?をチェックしておく必要があります。

補償サービスがない場合は、故障させた本人が弁償しなければいけません。

弁償額についてはカメラレンタルサービスによって違いますが、最悪の場合は、販売価格の全額を支払うケースもあります。

最悪の事態に備えて、カメラレンタルサービスを選ぶ時は、補償内容もチェックしておきましょう。

5、付属品の有無をチェック

SONYα7のレンタル付属品

カメラレンタルサービスによって、取り扱っている商品は様々です。

人気の一眼レフカメラやミラーレスカメラ、アクションカメラ、防水カメラなどは、ほとんどのサービスで取り扱われていますが、それ以外の商品については取り扱い内容が違うことが多いです。

特に注目したいのが、付属品です。

付属品とは、三脚やストロボ、SDカードなどの記録メディアなどがあります。その他にも、下記のような付属品が扱われているサービスもあります。

  • 自撮り棒
  • 防水プロテクター
  • 防水ハウジングケース
  • 予備バッテリー

必要な付属品が取り扱われているか、アクセサリー類の料金をチェックした上で、カメラレンタルサービスを選べば、末永く快適に利用できます。

まとめ

カメラレンタルを利用する際にチェックする項目は以下の6つ!

チェックポイント
  1. レンタル料金
  2. 取り扱っている機種の多さ
  3. レンタルできる期間
  4. 送料の有無
  5. 破損時の補償サービス
  6. 付属品の有無

カメラレンタルサービスが年々増えている中で、サービスの内容に少し違いがあります。

用途に合うカメラを賢くレンタルできるように、選び方のポイントを押さえておきましょう。

特に補償サービスや送料のチェックをおすすめします。

関連記事カメラレンタルサービスを利用するならここがおすすめ!人気ランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)